対物賠償保険について

対物賠償保険というのは、対物賠償責任保険とも呼ばれているのですが、自動車事故により、他人の車や建物などに損害を与えてしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われるというものです。

いわゆる、物損事故というやつですね。

この保険については、自動車保険の中でも任意保険を考えているときに優先して考えることが必要なのです。

この保険の補償額は、一般的に2000万円くらいあれば十分でしょう。

しかし、事故の大きさによってはそれを大きく超えるものもあるので、無制限でかけても良いでしょう。

対物賠償の保険金が支払われる対象になっているのは、他人の車や建物、ペットやガードレールなど、いわゆる他人のモノに対する損害賠償についてです。

間接的な損害も含まれています。

しかし、自分や家族の物は含まれていません。

もし、高級な車と特殊な車両と衝突事故を起こしてしまったり、バスなどの営業車両との衝突事故、踏切内で電車と自己を起こしてしまった場合、また、コンビニや店舗などへ突入してしまう事故などを起こしてしまったときは、賠償をする額が、高額になってしまう可能性がありますので、注意をすることが必要です。

この保険については加入をしておいたほうが、もしものために安心できるでしょう。